データマッチングとは

現在、大手の結婚相談所で主流となっている、
データマッチングタイプについて
どのようなものかを簡単にご紹介したいと思います。

 

結婚相談所で使われているデータマッチングといいますのは、
その結婚相談所に入会している会員の情報、

 

プロフィールや希望する結婚相手の条件など、
すべてデータ化しておきます。

 

そしてそのデータ化された会員の情報をもとにして、
自分が希望する結婚相手の条件を設定して検索することで、

 

その条件に合った、自分の希望を満たす相手を探すことが出来る
という結婚相手探しのシステムです。

 

また、データマッチングは年齢、職業や年収などの条件だけでなく、
お互いの相性がいい相手を探すというデータマッチングタイプ
を採用している結婚相談所、結婚情報サーボスもあります。

 

確かに、年齢、年収や職業などの条件を満たしていても、
相性が悪いのでは、結婚にま至らないことも多いでしょうし、

 

幸せな結婚生活になるかどうかも疑問ですから、
相性というのはとても大切なことです。

 

データマッチングのシステムは、
大手の結婚相談所ではほとんどが利用している方法です。

 

まずは、少なくとも自分の希望する条件に合っている、
という相手が紹介されるという点では、
データーマッチングは合理的なシステムではないかと思います。

データマッチングとは関連ページ

どんな年代の人が結婚相談所を利用している?
結婚相談所を利用している人については、男女ともに大体20代後半から40代手前くらいが最も多い年齢層といわれていますが、特に最近は、晩婚化や離婚率の増加から、中高年の人の結婚相談所の利用も増えているようです。
ローカルな結婚相談所
その地域に昔からあるような、また、昔からあるような、システムでやっている結婚相談所について、どんな感じかを紹介してみたいと思います。
結婚情報サービス
結婚相談所と結婚情報サービスとの違いは、結婚相談所は普通は店舗を構えているのが一般的ですが、結婚情報サービスは、基本的には店舗はなく、インターネット上に存在している結婚相手探しのサービスです。